-----------製品紹介-------------
建築積算ソフト・内装仕上ソフト・躯体積算
※各ボタンクリックで詳細説明が出ます

■■■PDFデータ利用積算ソフト■■■

DIC【トレース積算】Pro

画面にPDF等の画像を貼り付けて、それをマウスでトレースし、項目に対応した色分けをして積算します。建具を配置すれば該当位置の巾木・壁等の仕上げは自動的に控除されます。
同じ物件でデータを複数作成できますので設計変更やVE案等の数量比較が容易にできます。

無料のDIC【トレース積算】Liteもあります。処理できる画像が1枚の制限がありますが他は全て機能します。体験版として利用してください。

■■■CADデータ利用積算ソフト■■■


JwCadの外部変形を利用してデータ取り込み、それをマウスでトレースすることにより仕上げ数量を積算します。項目を入力すれば集計は自動です。

JwCadのデータを取込み、マウスでトレースすることにより躯体数量 を積算します。
(躯体積算ソフト)

■■■手拾い感覚の積算ソフト■■■

鉄骨積算・仕上げ積算・内装積算

手拾い用紙をそのまま画面に取り仕込みました。項目・計算式を入力すれば計算・集計は自動です。

積上げ式に1ヶ所1ヶ所入力して拾っていきます。派手さはありませんが、確実です。入力欄はわかり易い画像説明付。地中梁を拾えば土工事は自動で積算します。 (躯体積算ソフト)

リスト登録された部材に長さ・付属プレート等を順に入力して積算します。溶接・塗装の糸尺やボルトの首下長さなどは入力内容を元に自動で計算します。耐火被覆もパターンを選択するだけですから面倒な計算はいりません。 (鉄骨積算ソフト)

会社概要・個人情報の取扱について 
お問合せ

JtoE関連DL








【ご挨拶】  代表取締役 串間泰裕

DIC【トレース積算】を公開いたしました。
昔からある、青図をデジタイザーでポイントを取って数量を計測するという手法を(今でもこれやってるとこあるのかな?)、PDFデータ画像をマウスでクリックする手法に置き換えたものです。

作り始めたきっかけは単純でした。
_/_/
「半年以上前の物件の変更言ってきたけど、どう拾ったか解りにくいからやり直し?」
「この変更内容じゃ、どこがどうだか担当者しか確認できんやろ」
「拾いの跡が誰にでも確認できるソフトがいるね」
_/_/
トレースして色分けする発想はここから出てきたんですが、当時「入力に手間がかかり、効率的なソフトになるのか?」という懸念がありました。変更等の作業・拾い内容の第3者確認の重要性を取り、「せめて今と同じ時間でできるソフトになればいいんじゃない?」ということで開発に着手しました。5年前のことです。

出来上がってみると、見込み通り、拾い内容の確認・拾い落としの削減が実現できたばかりか、開口控除を自動化したことが予想以上に効果があり、結果的に「DIC仕上積算シート」を使用するよりも集計・変更を含めた総合的な作業時間を短縮することができました。PDFデータが無い青図をデジカメで撮ってその画像をトレースするという荒業も試しましたが、ちゃんとできました。画像を利用した改修工事等の概算積算にも有効かと思います。

他のソフト同様、業務の中から出てきたソフトの最終形です。
これ以上の物はもう作れません。(笑)

    
○全てのソフトは WindowsXp・Windows7(32/64ビット)・Windows8(32/64ビット)・Windows10(32/64ビット)に対応しています。

〇操作指導のサポートありませんので、評価版・体験版で内容を吟味の上、購入申し込みをお願いします。その他の問い合わせは原則としてEメールでお願いします。

※各ソフトの、Windows7/8/10用インストールファイルとUSBキーのドライバーダウンロードは ここをクリック 


(最終更新日  2017.5.22)

【更新案内】

※現在の最新バージョンです。定期的にご確認の上バージョンアップをお願いします。
DIC【トレース積算】
Pro Ver1.12
DIC【トレース積算】Lite Ver1.11
CAD積算【躯体】       Ver2.14
DIC躯体積算ツール     Ver2.95
DIC仕上積算シート    
Ver3.93
CAD積算【仕上】       Ver1.60
DIC鉄骨積算シート     Ver2.03


第一設計企画HOME | DIC仕上積算シート | DIC躯体積算ツール | CAD積算【仕上】 | CAD積算【躯体】 | DIC鉄骨積算シート
会社概要 | 積算ソフト購入申込
 



  病傷事故診断書システム更新ページ   ここをクリック


Since2005 .